News

DORMEUIL NEW COLLECTION

DORMEUIL NEW COLLECTION

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
News
Words
Masashi Shimada
みなさまこんにちは、インフルエンザが大流行しておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。私どもは幸い誰もインフルエンザにならず無事に営業しております。

2月も終わりが近づき、少しづつ空気が変わり春の気配がしてまいりました。
この時期の楽しみはなんと言っても新作生地の到着です。
The Cloakroom Tokyoにも期待の新作が入荷しております。そのなかでも今回は最も支持の高いドーメルのコレクションをご紹介いたします。

毎シーズン精力的にレベルの高いコレクションを発表しているドーメルですが、今回のコレクションは、当たりです。
サスティナブル性を打ち出した夏の素材「トニックウール」や久々に登場したエレガントなシルク混のスーツ生地「シルクストリーム」、コレクションの中で最も人気の高いオールシーズン生地の「アマデウス365」などスーツ生地のコレクションを5冊もラインナップしています。

それぞれの素材を生かした生地の特徴も面白いのですが、色柄のバランスがとても良いコレクションになっています。ここ数年は華やかな色柄、言い方を変えるとちょっと派手な生地が多すぎるかな、、と感じていましたが今回のコレクションは全体的にシックで大人っぽい色柄がとても増えました。エレガント志向のお客様やビジネスシーンでの着用を想定してもとても選びやすくなったと思います。

チェックでも色のトーンを抑えてスタイリングしやすいものや、素材の特徴と織り方や織り柄の特徴を上手くつかって立体的で新鮮な表現をしているものがとても魅力的です。

ジャケット素材についてもこれまではソフトな素材感の表現は苦手、というか少なかった傾向ですが、ウール、リネン、シルクの三者混素材「コスモス」が非常に良い仕上がりです。これは一層支持が広がるのではないでしょうか。

そのほかにもフォーマル生地の充実などドーメルならではの魅力に溢れたコレクションになっています。
もう長くドーメルのコレクションを見てきていますが、今回ほどバランスの取れた魅力的なコレクションは久しぶりです。
是非店頭でお確かめください。

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

ではまた。
The Cloakroom Tokyo
島田