Tailors note

ハ刺し

ハ刺し

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
Tailors note
Words
Lui Mieda
皆様、こんにちは。

8月も残り二日!
まだ暑い日もありますが、一雨ごとに秋に近づいている気がします。私も秋にどんな服を着ようか楽しみながら悩んでおります!

弊店も秋冬に向け生地が入荷しております。
The Cloakroom Journalにて生地の紹介もさせて頂いておりますので、ご覧ください。

今回のお話はハ刺しです。

スーツ好きの方でしたらご存知だと思います!ラペル(前身頃の下襟)に毛芯を一針づつ縫い付けていく時に用います。



左身頃をハ刺しした写真です。

ラペルが綺麗にロールしています!
ハ刺しは細かくすればするほど、毛芯にゆとりも多くなり、さらに固くなります。弊店でおすすめするスーツは柔らかい雰囲気のものです。柔らかな印象になる様、表地と芯を触って針目を決めます。
今回の生地は程よくハリがありますので、7mmほどの針目です。
最初に針目を決めたら、あとは無心です…

何も考えず、同じペースで針を進めます。
集中して縫い進めないと曲がったり針目が変わってしまいます。

仕立て工場ではハ刺しも専用のミシンでおこないます。ミシンにはミシンの良さがあり、手縫いには手縫いの良さがあります。
ミシンでのハ刺しなら1〜2分で出来上がりますが、手縫いでのハ刺しは片側で1時間ほどかかります。
その分柔らかなラペルロール、手縫いならではのふっくらした雰囲気が味わえます。
一見するとわからない事ですが、たくさんの手縫いと、手加減が入っているのがBespokeです。

今回はハ刺しでお話しましたが、それ以外にもたくさんありますので、またブログに書かせて頂こうと思います。

それでは失礼します。

The Cloakroom Tokyo
三枝塁