Classic clothing

NEW!! Garment dyed chino

NEW!! Garment dyed chino

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
Classic clothing
Words
Masashi Shimada
季節の彩り、カラーチノパンツ
GARMENT DYED CHINO

[名称]ガーメントダイ チノ

[原産国]日本

[組成率]コットン95% ポリウレタン5%

[色の種類]合計18色

[着用時期]秋冬10月頭から4月末ごろ

[製品の特徴]サイズやシルエット、デザインはもちろん色見本の中から好きな色に染めることができる画期的なオーダーメイドのチノパンです。

[開発秘話]
「オーダーメイドの綿パンて良くも悪くもパリッと綺麗にできるよな、ちょっとこなれたスタイリングには使いにくいなぁ」なんて思ったことありませんか?じつは僕はずっとそう思ってました。それがあってなかなか自分で綿パンをオーダーすることはなかったんです。

それに加えて考えていました、「できればオーダーならではの自分の身体にあった綺麗なシルエットでもっと”こなれた”綿パンが欲しい」と。
そう、こなれ、が大切です、ジャケットスタイルにはもちろん、こなれていればレザーライダースやGジャンにもしっくりコーディネイトできますから。

そして、「綿パンをいちいちクリーニングに出すのはめんど臭いから洗濯機で洗いたい」ともずっと思っていました。
綿パンはウールと勝手が違ってアイロンがけがめんど臭いし綺麗に保つのが意外と大変です。洗濯ができれば気になる膝の伸びもシワも元どおり。

でもそんなものは世の中のどこにもありません。
「どうしよう」


そう答えはひとつ


「無いものは作る」


この精神で工夫を重ね遂に誕生したのがオーダー綿パンの不満を解消する理想の綿パン、それが、The Cloakroomの『ガーメントダイ チノ』です。


『ガーメントダイ チノ』は色を染めていない生機(きばた)でパンツを仕立て、その後にガーメントダイ(製品染め)を施します。
そうすることで製品洗いと同様のこなれ感を演出することができるうえに多色展開が可能になりました。当初からガーメントダイを前提なので当然洗濯機にも耐える仕様で、ガーメントダイだからこそ生地が縮みきった状態で出来上がり、その後洗濯しても基本はそれ以上は縮みません。

これらの特徴を活かしたことで

「理想のシルエット」
「こなれ感あり」
「色も沢山選べる」
「家庭で洗濯できて楽」

な綿パンが実現しました。

秋冬シーズン用の生地はコンパクト糸を使用した上品なピーチスキン、ポリウレタンが入ったストレッチ素材、来春には薄手の生地もご用意します。
価格の面でも生機を使用するのでバンチブックから生地を選のと比べてかなりのコストカットができました。

デザインはノータック、ワンタック、ツータックから選べ、それぞれオプションでカーゴパンツに変更可能です。

こなれたドレスカジュアルにも、ゴルフ用のスラックスにも、休日のリラックスウェアにもおつかいただけます。

[こんな人にオススメ]自分に合ったシルエットこなれた綿パンが欲しい方、色やシルエットにこだわった綿パンが欲しい方

[価格]
ガーメントダイ/チノ¥36,000
ガーメントダイ/カーゴ¥40,000
全て税別です。
全18色からお選びいただけます。
(生地感がスウェードのブーツと相性抜群です)