Tailors note

裏地について

裏地について

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
Tailors note
Words
Lui Mieda
皆様、こんにちは。
今週は台風から始まった一週間でしたが、今日はかなり爽やかな陽気になりましたね。

今回は前身頃の裏地について。
表身頃と見返しのポケット作り、芯据え、ハ刺し、前返しと工程は進んでいきます。

ラペル、フロントが完成しました!
ここから裏地を乗せていきます。

チャコで見返しのデザインを決めて、


裏地に切込みを入れながら躾で止め、ハンドステッチで縫っていきます。

最後にブランドネームも縫い付けて前身頃完成です!

裏地と見返しがミシンで縫われていないので適度に動きます。手縫いだからこその柔らかさです。
時間はかかりますが、着心地には変えられません!

ちょっとした事の積み重ねが、完成した時に他には無い着心地と満足感になるのだと思います。

それでは失礼します。

The Cloakroom Tokyo
三枝塁