Shoes

The Cloakroomのオーダーシューズ

The Cloakroomのオーダーシューズ

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
Shoes
Words
Masashi Shimada
ひとつのものを大切に、一足の靴を大切に。

たくさんの物が情報と一緒になって流れていく。
気がつくと溺れてしまいそうななか、ますます見直されているのが良いものを大切に、長く付き合っていくことだと感じています。

たくさん作って、たくさん消費するというのはもうお腹いっぱい。
何度も繰り返しているような気がしますが、結局帰ってくるのは人の手がしっかりと入った良いものと大切に長く付き合うこと。

流行とか時代性も大好きな自分ですが、たくさんではなくて良いので、できるだけ良い物とじっくり付き合っていきたいと常々考えています。

そんななか、靴の職人さんと話していて改めて良いなと思ったのがしっかりとした製法で作られた「革靴」です。
良い「革靴」は捨てることがありません。ちゃんと手入れしながら履いてあげれば5年、10年、それ以上履き続けることができます。
革は使って、お手入れをして、磨いてあげることでどんどん魅力を増していきます。
新品の魅力が10だとするとこの時点が一番下、履けば履くほど11、12、13、とどんどん魅力が増していくものです。

伝統的なグッドイヤーウェルテッドで丁寧に仕立てられた革靴は何度も底を張り替えることができて、どんどん足に馴染んでいきます。
履き込めば履きこむほど自分にとって掛け替えのない1足になる。
雨に濡れても、革が割れてきても上手に修理すれば大概は何とかなります。
底材は革底まもちろん、滑りにくいラバーのダイナイトソールやゴツいタンクソール、用途に合わせてお選びください。

やっぱり、「革靴」って捨てることが無いんです。

これまで足に合わなくて靴で痛い思いをされた方、一度足を拝見させてください。
きっと合う靴がみつかるはずです。

あ、ちゃんとした革の靴は全然臭くなりません。
(こちらもお悩みの方は是非騙されたと思ってお試しください。)



The Cloakroom Tokyo
MADE TO ORDER SHOES

[名称]ザ・クロークルーム トウキョウ オーダーシューズ

[原産国]日本

[素材]カーフ、スウェードなど 25種類

[デザイン]9種類

[ソールの種類]革底、ダイナイト、ビブラムなど5種類

[着用時期]1年を通じて

[製品の特徴]細かなサイズ調整、豊富なデザイン、オプションから理想の一足をオーダーいただけます。

[価格]8万円から10万円(税別)

[お渡しまでの期間]およそ2ヶ月