Column

初めてのビスポークはネイビーブレザーを

初めてのビスポークはネイビーブレザーを

THE CLOAKROOM TOKYO
JOURNAL

Category
Column
Words
Masashi Shimada
ビスポークのネイビーブレザーを一着持つというのは良い選択肢だと思います。

ハンドメイドのビスポークなら30年は着られる。
時代を超えるど定番のネイビーブレザーは年齢とか、記念日とか何かの節目に仕立てたい。
30歳ぐらいで仕立てて、60歳ぐらいになった時に、これ30年着てるんだぞって自慢できるやつ。

何年経っても、年を経るごとに価値が増していくのが定番であり、ハンドメイドのビスポーク。

気がついたら子供が勝手に着てるなんてこともあるかもしれない。

スーツだと着る機会が限られちゃう方が多いと思うので、紺ブレならデニムや軍パンなどとスタイリングしてカジュアルにも使えるし、ここぞでタイドアップするのも楽しい。初めてのビスポークにもすごくおすすめ。最初はシングルで2着目はダブルに挑戦したい。

紺ブレ、ブレザー、ネイビージャケット、色々と呼び名はありますが英国系のしっかりとした生地で仕立てて身体に馴染ませるように着込んでいく。そういうことに本当に価値があると思います。

裏地に穴が空いて繕うぐらいになると愛着湧くんだろうなぁ。